■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
https://sakaisns.jp/blog/blog.php?key=44218
2020年05月22日(金) 
4月から
新型コロナ感染症かどうか疑わしい患者に
院内トリアージ実施料を算定できるようになりました。
当院でも10件くらい算定しました。

熱があるからと電話があるのはまだいいのですが
後でわかる場合が怖い。

目が腫れていると来院し
熱を測ってみたら38度!!だったという場合。
熱があると分かった時点で即自動車へ戻ってもらい
我が家のガレージに移動してもらいそこで診察。

いろいろなパターンがあるけど
当院ではコロナ感染症患者を扱ったことはない。

うちの娘の旦那が京都で内科医。
先日、コロナ感染症患者が脳梗塞になり
彼が5時間カテーテル手術を担当。
おかげで、それ以来2週間ホテル泊。
家には6か月と4歳の子どもがいるから
家には帰れなくなってしまいました。

まだまだ医療従事者の奮闘は続きます。

閲覧数212 カテゴリ日記 コメント4 投稿日時2020/05/22 17:35
公開範囲外部公開
コメント(4)
時系列表示返信表示日付順
  • 2020/05/22 18:12
    え〜〜〜〜ッ、すごいんだ!
    次項有
  • 2020/05/23 08:32
    鉛筆ローズさん
    毎日、コロナ感染症患者が受診したらと思うと
    ドキドキハラハラな現場です。
    次項有
  • 2020/05/23 22:48
    marioさん
    医療現場の皆様にはただただ頭が下がります。
    次項有
  • 2020/05/24 11:36
    先日救急隊員と話をしたとき
    「救急連絡のときコロナの可能性を言ってくれるとは限らない」
    と、救急車内には防護用品を常備されているという話をしてくれました。
    夏場の熱中症を思わず心配してしまいました。

    それでも彼らは言いました。
    「クイーンエリザベス号のように、医療従事者が感染するということは僕らは絶対あってはならないこと」。
    その覚悟をお聞きしたのは2月のことですが、
    以来、私も緊張感を持って取材相手に接するようになりました。
    次項有
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
■プロフィール
ローズさん
[一言]
薔薇が好きなのでローズというニックネームにしました。
■この日はどんな日
ほかの[ 05月22日 ]のブログは、
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み