■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
https://sakaisns.jp/blog/blog.php?key=44205
2020年05月18日(月) 

実は今まで大河ドラマ見てませんでした。

たいがい日曜日は仕事してるので。

先週までは父関連でそれどころじゃなかったんですけど

「今週から越前編やよ‼️」と聞いたので

ちょっと見てみました。

 

 

20分ほど遅れてから見たので

もう主人公が越前入りしていました。

一乗谷の市場にズワイガニがずらっと並んでいたのはご愛敬かなw

知り合いの観光関係者は

「さすがにカニがこの時代に奥地の一乗谷にあるのは

史実ではないだろうけど

twitterで話題になった時点でこっちの『勝ち』だね」

と、さすがのコメントです。

 

 

朝倉義景はユースケ·サンタマリアさんが演じます。

ひょうひょうと光秀を値踏みし、利用してやろうという雰囲気、

いいと思いました。

あまり大河で朝倉義景って扱われませんでしたし

これから面白くなりそうです。

 

 

 

でも今回の最大のハイライトは

信長と弟信勝の対峙→弟殺害に至るまでの

緊迫感あるやりとりでした。

スゴい迫力。

ここだけ見ればオッケーという回でしたw

(福井県民としていかがなものか、な発言)

 

 

 

あの場面の信長って殺したくて殺したわけじゃなく、

おそらく「殺そうと思ったが辞めた」の言葉は

探り半分でもあり、本心半分でもあった。

でもそれに乗ってしまい

見舞いの「白山の美味しいわき水」が毒入りで

自分を殺そうとしていたことを明かしてしまう弟を前に

殺さざるを得ない状況になってしまったという

弟への失望感や

母に溺愛されてきた弟の甘さや

それを受けることができなかった自らの孤独感がにじんでいて、

そして最後の「飲め❗お前が飲め❗」の狂気に至る。

 

 

いや、こんな怖い天然水初めて見たw

 

 

 

でも信長に弟と会うようそそのかしたのは

嫁の帰蝶だったりする。

全部見透かしたあの表情、

さすが道三の娘、怖い怖い。

この役がもともと沢尻エリカ様だったんだよなあ。

川口春奈さん、素晴らしい演技です。怖い怖い。

 

 

 

最後に一乗谷朝倉氏遺跡と

丸岡の称念寺が紹介されていましたね。

 

 

 

というわけで、来週以降も見ようと思いました。


閲覧数35 カテゴリ私のワンダフォー2020 コメント2 投稿日時2020/05/18 07:16
公開範囲外部公開
■プロフィール
はぴカム3代目さん
[一言]
世間の荒波より、我が家のさざ波の方がよっぽどキツい。
■この日はどんな日
書き込みはありませんでした。
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み