■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
https://sakaisns.jp/blog/blog.php?key=44148
2020年04月30日(木) 

仕事でも私事でも懇意にしていて、

4月アタマから営業を自粛している飲食店のマスターの言葉です。

業界の本音と窮状を、ほぼ言い当てていてくれていると思います。

 

 

少しでも、コロナが早く終息しますように。

そして、彼らのもとに1日も早く支援の手が届きますように。

 

 

−−−−−−−−

今月2日に杉本知事が

接客伴う夜の店の営業自粛求めて

3日にも外出自粛要請してたよな。

あれでランチのお客様が一人も来なくなった。

 

 

うち、5日が定休日だったけど

6日から休業した。

4月の売り上げは、だからゼロに近いよ。

俺らの仕事は毎日の現金収入で生活してるから

いきなり明日から暮らせなくなるってこと。孫もいるのに。

 

 

でも、これは命と商売の選択や。

俺らもだけど、お客さんの命を守る選択や。

営業続けてることが今どんなメリットある?

店から感染者出したら、そっちの方が終わりやでな。

俺の店の主力顧客、高齢者やし。重症化するやんか。

 

 

続けている店も赤字やろ。

続ける気持ちは分かるよ。

だって開かないと従業員食わせられんのやから。

でもさ、俺と同じまちでいまだにランチ営業してる店もあるやろ。

ああいうところで感染者出たら俺らも影響食らう。

片町のラウンジでクラスター出して、

福井県内のラウンジ全部アウトになったのと一緒。

俺にその逆はできん。

俺の店で感染者出して、同業者みんな閉めなアカンとかさ。

 

 

俺ホントに明日どう食うかって感じ。

今から倒産とか廃業とかもっと増えると思う。

俺SNSやってるわけじゃないし、それでアピールできる店でもない。

主力顧客層が高齢者だってのもあるけど。

つらいよな。

真面目に自粛してるほど損してる気がする。

 

 

 

休業補償ないに等しいし。

あれって手続きから時間かかるやんか。明日の資金に困ってるのに。

鯖江市が、一律事業所現金支給するんやってな。

隣のまちやけど俺のまちは何もない。

悔しいな、条件おなじなのに

住んでるまちが違うってだけで、そういうところに差が出てくるのは。

 

 

 

今飲食店がテイクアウトとかやってて、

それ応援してる動きあるやろ。

ここホントに分かってほしいんやけど

もともとデリバリーとかテイクアウトとか

やってきた店にしてみりゃ

新規参入増えたわけで、彼らにしても生き残りかかるわけでさ。

てか彼らのノウハウはやっぱり強いわけだよ。

そこに中途半端なテイクアウト参入したって生き残れない。

だから俺はテイクアウト参入しなかった。いや、できなかった。

 

 

 

もうコーヒー豆も食材も全部捨てたよ。保存きかんしな。

ごめんな、コーヒーの一杯も出せず。

店も掃除したしな。

あのさ、俺らだけ苦しい訳じゃないんや。

コーヒー豆仕入れてる業者もあって、

その人らもホントに苦しい。

まだ飲食店はマスコミも取り上げやすく分かりやすいから

こうやってはぴちゃんのように取材も来るけどな(苦笑)

コーヒー豆の業者はちなみに取引減ってるけど

彼ら休めないんだよ。

菓子屋が閉めてないからな。感染リスクを彼らも背負ってる。

でもな、彼らが潰れたら俺らも終わりや。

営業再開できんようになる。ホントに。

 

 

俺、きょう久しぶりに人と話したわ。

あれだけ毎日お客さんと話してきたけど

休業してからホントに家族以外誰とも話してなかった。

感染したくないってのもあるし。こんな毎日、鬱にもなるよ。

 

 

 

いつ営業再開できるかな。

学校休校延長になってもたし

最初は5月7日から再開できるかとも思ってたけど、

こんなんまだまだ無理やろ。

ホントに本気でみんな店閉めんといつまでも終息せんぞ。

小銭稼ぐより今は命やろ。

今でもやってる店見ると、悔しいよ。

 

 


閲覧数223 カテゴリStop COVID-19!!!!!!! コメント6 投稿日時2020/04/30 06:10
公開範囲外部公開
コメント(6)
時系列表示返信表示日付順
  • 2020/05/02 18:20
    私もほぼ彼と同意見です。

    こうした国民の自主的な努力があって
    今のところの感染状況だということを
    政治に関わる方々は理解してほしいと思います。

    政府のやってきたことは
    傷口に合わない絆創膏を張っているようなもの。
    封じ込めもできず、感染拡大を防ぐこともできず。
    韓国や台湾並みの対応ができていれば
    日本とっくに終息できています。

    一般国民の事情を理解しようともしない
    のんきな対応には苛立ちさえ覚えます。

    また、飲食店(レストラン)のテイクアウト参入は
    それで競争相手が増える店も出てくるんです。
    また、卸業者も窮地です。
    もっと言えば、
    外食需要がなくなった農家にしたって窮地です。

    そんな現状を分かって欲しい。
    このままではみんな共倒れ。

    彼からの切なるメッセージです。
    次項有
  • 2020/05/03 10:54
    このブログ、加筆修正の上
    外部公開にします。
    より多くの方に飲食店の思いを
    知って欲しいとの判断です。
    よろしくお願いします!
    次項有
  • 2020/05/03 12:36
    marioさん
    このマスターのおもい、私が感じていることと同じです。

    私たち飲食店だけでなく今現在苦境に立たされている全ての方の心に寄り添う世の中になるといいですね。

    個人の努力・企業の努力で済むべきところは個人・企業に任せて、個人・企業ではどうしようもないところは政府や自治体が手を差し伸べる必要があると思います。

    今私たちがやるべきことは、個人の命・財産は自分で守り、国は国民の命と財産を守ることに尽きると思っています。
    次項有
  • 2020/05/03 12:55
    > marioさん
    コメントありがとうございます。
    飲食店は業態が分かりやすいので目が行くのですけど
    (ここは私たちマスコミも反省しないといけない点です)
    その背景にもっと苦労している方がいることも
    知って欲しいと彼の言葉を聞いて思いました。

    今回は程度はあれ、どの業種も苦境に立たされると思います。
    比較的継続できそうなのは、コロナ関連物品扱う業者ぐらいですかね…。

    行政ができる対策ですけど、
    5月2日の福井新聞で一覧にしました。
    (紙面pdf添付しました)
    あれ、17市町の成績表みたいで
    行政職員からは露骨に嫌がられましたけど(苦笑)
    市民の関心は高い情報でした。

    載ってない話で補足的に。
    これは鯖江市の話ですが
    本年度一般会計補正予算で産業支援を明確に打ち出して
    雇用調整助成金の手続きを行う
    社会保険労務士への報酬に補助するとか
    結構きめ細やかな事業を行うんです。

    あるいは銀行OBの方を配置して
    各種支援受けるための事務手続きのサポートに入るとか。

    地味かもしれないのですが、
    個人的にそういうサポートはすごく大事だと思います。
    給付されるまでの時間が少しでも短いほうがいいですから。

    鯖江のすべてがいいと勧めているわけでもないですが、
    産業界の意見を聞いて出てきた案だというのは分かります。
    だって社労士の報酬補助とか、
    自営業の現状知らないと出てこない政策だと思いますから。
    次項有
  • 2020/05/03 16:51
    ここまで外部公開させていただき、
    さまざまなご意見をいただきました。
    飲食店といっても個人経営と
    テナント入って複数の社員がいる店とでは
    全然立場が違うとのご意見もいただきました。

    貴重なご意見、ありがとうございます。
    またブログを拝見してくださり、感謝しております。
    取材に応じてくれたマスターもきっと喜ぶと思います。

    飲食店は百人百色です。
    オーナーさんが考えることもそれぞれです。
    でも、ひとつだけいえることは
    ここまで皆さん頑張っています。
    歯を食いしばっています。

    行政の皆さんや政治家の皆さんには
    彼らが1日も早く再開できるよう力になってほしいということ、
    彼らの現状を理解した上での施策を行って欲しいということ。

    みんなで乗り切って来年の今頃、笑い合えますように!
    次項有
  • 2020/05/03 21:50
    あ、補足としてもうひとつ。
    「テイクアウトが簡単ではない」という指摘を
    このブログでしていますが、
    この先気温が上がると食中毒などの危険性もあります。
    そういう意味で、やっぱり既存店はノウハウがあるので強いです。

    なのでノウハウがない飲食店さんに向かって
    安易にテイクアウト頑張れ!とも言いがたいです。
    本当に大丈夫?って確信が持てるまでもう少し頑張って!
    とは言えるのかもしれません。
    飲食店さんは、本当にちょっとのことで打撃を受けますから
    こういうところに神経を使うと思います。

    下手にテイクアウトに参入したがために
    本業を失うリスクだってあると思います。

    百人百色と書いたのはこの点も含みます。
    もちろん、ノウハウを必死で習得されたお店もあります。
    でも、それ以上にいろんな思いを抱えて休業しているお店についても
    私は知っていただきたいとの思いでブログを書きました。

    休業しているから「だめ」ということはないと思います。
    食中毒などのリスクを考えれば、参入できないという選択もあるのですから。
    次項有
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
    ※画像に表示されている文字を入力してください。
■プロフィール
はぴカム3代目さん
[一言]
世間の荒波より、我が家のさざ波の方がよっぽどキツい。
■この日はどんな日
ほかの[ 04月30日 ]のブログは、
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み