■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
https://sakaisns.jp/blog/blog.php?key=43927
2020年01月10日(金) 
昨日夕方、バイクで河川敷に行きました。
大きな道路の高架下まで行くとスバル車(AT車)が
泥濘でスタックしていました。
はまった時点でジタバタしないほうが良かったと思いますが、
何とか抜け出そうと奮闘したらしく、泥をどんどん掘って
お腹が完全についてしまった状態でした。
運転手は外国の人で言葉が通じませんが、奥さんは日本人でした。
日も暮れてしまい、今日のところはとうとうあきらめて、
彼らの家族が迎えに来ました。

翌日、様子を見に行ったら、すでに脱出した跡でした。
もしかしたら、近所の農家にでも頼んでトラクターで
引っ張ってもらったのかもしれません。

脱出した跡は少し凹地になっていて、
まるで「湿った田んぼ」のようでした。
地面の見た目は固そうですが、
タイヤで掘ればいくらでも掘れる感じでした。
足で蹴ってみれば分かります。
ずるっと粘土のように表面が剥がれます。
付近には流木やら、ゴミやらが泥に交じって散乱していました。
ここは昨年の台風による増水で「川」になっていたのでしょう。
そして高架下で日照量も少なく、
いつまでも水けを含み粘り気のある泥濘であったと思われます。
たまたま近くの農家のおじいさんがいて、
ここ数日で何台もこの場所ではまっていたとの事でした。

本件は最終的に脱出できたものの、
非常に教訓を残す出来事でありました。
素晴らしい走行装置を持つ車でも、怪しい所では
いったん車から降りて、自分の足で確認するなど
注意が必要かと思います。
もっといえば「君子危うきに近寄らず」で、
自制することが最高の安全装置なのでしょうね^^

閲覧数133 カテゴリ日記 コメント3 投稿日時2020/01/10 18:01
公開範囲外部公開
コメント(3)
時系列表示返信表示日付順
  • 2020/01/19 19:22
    スタックといえば、2018年の福井豪雪を思い出します。
    焦ってアクセル踏んじゃうと逆効果ですよね…。

    ところで、私は決してスタック脱出の運転技術が
    うまいほうではないはずですが
    その福井豪雪のときには、比較的起こしませんでした。
    車を買い換えたから?とも思っています。
    スタックしやすい車とか、あるんでしょうか?
    次項有
  • 2020/01/21 20:31
    鉛筆seRowさん
    豪雪、あれは久しぶりにすごかったですね…^^;
    車がはまらないで走るのは、人が歩く時の足さばきに似てると思います。
    けっして乱暴にバタバタしないで、そろりそろりと地面をつかむように。
    でも2輪駆動車で、地面との距離が少ない車は厳しいですよね。
    雪のない時は取り回しが良くて、キビキビと素晴らしいのですけど^^;
    古い毛布とスコップでも積んでおくと、スタックしたときに役立ちます。
    次項有
  • 2020/01/23 13:19
    鉛筆seRowさん
    1週間後、状況偵察にいったら、はまりました。
    軽くぎっくり腰になったのはナイショです。
    次項有
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
    ※画像に表示されている文字を入力してください。
■プロフィール
seRowさん
[一言]
坂井市に5年ほど住んでました。
■この日はどんな日
書き込みはありませんでした。
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み