■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
https://sakaisns.jp/blog/blog.php?key=43281&com_mode=1
2019年03月04日(月) 

と、寝起きの私に息子が珍しくハキハキとした敬語で話しかけてきました。

 

どうやらロードバイクで遠出したいのだけれど、一人だとパンクした時どうしましょうと不安に思っているみたいです。

 

いい機会かなと思い自分でチューブ交換できるよう教えました。

息子がチューブ交換をマスターすれば、一緒に出かけた時私がパンクしても、レンにやってもらって私はその間休憩することができます。

すてき。

 

ほんとはより実践的に竹田川のほとりでやりたかったのですが、この日は生憎の小雨模様。

室内だけれど、どこかの道路でパンクして、車・通行人の邪魔にならない公園や空き地などの安全な場所との設定で行いました。

 

自走→後輪のチューブ交換→自走。

これを3セット。

 

最初は手と口をだし、

2回目は口をだし、

3回目は手も口もださずにニヤニヤしながら見守りました。

 

中2ともなると呑みこみが早いですね。

3回目はすんなりと作業を終えました。

 

最後にちゃんとしたポンプでちゃんと空気を入れて終了。

 

春休みどこに行くのか気になったけれど、気ままなサイクリストに行先をきくのは野暮かと思い「旅で一番大切なことはただいまと元気に帰ってくることですよ。フッ」とだけ言いました。

 

冬の間に少しだけ成長した身体にポジションを合わせ嬉しそうにペダルを回していたけれど、私の話、ちゃんと聞いてたかしら。


閲覧数160 カテゴリチャリ子のブログ コメント4 投稿日時2019/03/04 22:37
公開範囲外部公開
コメント(4)
時系列表示返信表示日付順
  • 2019/03/05 08:27
    おおおお、レン君頼もしいですね!!!
    自分チューブ交換ができない時点で、確実に抜かれましたことをここにご報告いたします(笑)
    次項有
  • 2019/03/05 08:43
    ローズさん
    チューブ交換なんて、自分で出来るものなんですね。
    自転車の空気さえ入れたことがありません。

    こうやって父から子へと技術が引き継がれていく、素晴らしい。
    いい息子さんですねえ。
    次項有
  • 2019/03/08 23:04
    鉛筆marioさん
    > だいきっちゃんさん
    実は私もレンについていくのが精いっぱいになりつつあることをここにご報告いたします。(笑)
    次項有
  • 2019/03/08 23:06
    鉛筆marioさん
    > ローズさん
    レンはなんでも僕の真似をします。
    自転車もスキーも山登りも。
    ずっと仲がいいのは共通の趣味があるからなのかもしれませんね。

    でも、料理は苦手みたいです。(苦笑)
    次項有
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
■プロフィール
marioさん
[一言]
地域のこと、いろいろ教えて下さい。
■この日はどんな日
書き込みはありませんでした。
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み