2018年07月05日(木) 

丸岡城天守の大きな特徴といえば笏谷石でつくられた瓦。

福井県から離れた場所で同じく笏谷石でつくられた瓦が使用されている建物があります。

その建物がこちら、和歌山県高野町、高野山の奥之院にあります松平秀康及び同母霊屋。

建てられたのは江戸時代の初めで、丸岡城天守の創建時期に近い時期です。

松平秀康と言えば徳川家康の息子で福井藩主。

こちらは普段は入ることもできませんが、今回特別な許可を頂いてこの貴重な建物の調査をさせていただきました。

松平秀康霊屋は丸岡城と違って柱や壁まで笏谷石。屋根の上までの高さは約4mと、使われている部材もかなり大きいものが多く、調査にあたった先生からは「どういうルートで運んだんだろう?」という疑問も。

瓦のつくり方に似ている部分もあるものの、瓦というよりも屋根を形作っているので、軒裏の垂木を表現したりしています。軒の巴紋や鬼板のつくり方にも丸岡城との違いが見られました。

丸岡城天守の石瓦を検討するうえで貴重な調査になりました。

ご協力いただいた関係者の皆様に心より感謝いたします。

閲覧数40 カテゴリ日記 コメント0 投稿日時2018/07/05 17:07
公開範囲外部公開
コメント(0)
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
■プロフィール
坂井市文化課さん
[一言]
よろしくお願いします。
■この日はどんな日
書き込みはありませんでした。
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み