■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
https://sakaisns.jp/blog/blog.php?key=27689
2012年09月25日(火) 
昨日の東京新聞の朝刊の特報面で、バリアフリー新法について掲載がありました。
交通バリアフリー法とハートビル法をひとつにまとめた法律で、今年で施行が5年。本来であれば、法律の見直し改正の時期ではあるが、小手先だけのガイドラインの見直しで、すませようとしているそうです。

あのような、政治的なことがなければ、まともにやれたのではないかと。


切れ目なくバリアフリー施設整備を進める


この言葉をもとに、国は基本計画、市町村は基本構想を策定をしなければなりません。また、交通機関に対してはある程度の努力目標により、施設や車両などの改善が求められます。

しかし、現実は、

交通機関事業者の効率優先

行政では単なる実績程度のレベルで、整備後の検証と改善をしていない

当事者の方へ、荷物扱いをおなじ対応をする


なんです。

安房地域においては、基本構想、そのための協議会のたち上げはいっさい、ありません。市町村はある程度の整備が進んでいると判断しているようですが、現実は全く逆である。
駅の点字ブロックについては、内房線では浜金谷駅と千歳駅以外のすべての駅で、ブロック自体の設置をやり直す必要がある。昨年の山手線の目白駅の事故で指摘を受けた、わかりづらいブロックが使われているのである。

駐車場の問題にいたっては、残念ながら、障害のある方の車の駐車スペースが必要である理解が、浸透がしていない。場所によっては、軽自動車が2台駐車している始末もある。


根本的なこととして、千葉県障害者条例の、


障害のある人もない人もともに暮らしやすい千葉県づくり条例


という言葉をいかに現実にしていけるか。
社会参加や働くために移動する手段において、バリアを減らすことが、この法律の本分。役所や事業者のためのたんなる実績のための整備であれば、全く意味がない。

当事者の声にしっかり、耳をかたむけてのバリア解消が一番の優先順位である。

閲覧数756 カテゴリ日記 コメント0 投稿日時2012/09/25 02:09
公開範囲外部公開
コメント(0)
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
■プロフィール
南房総のかずちゃんさん
[一言]
鉄道・福祉を中心に探求心と現場主義で。平成元年・国内旅行業務取扱主…
■この日はどんな日
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み