■日記の書き込み
書き込み数は54件です。 [ 1 2 3 4 5 6 ]
2019年03月15日(金) 
「世界緑内障週間」のため、丸岡城が緑色にライトアップされています。緑内障発見のための啓発運動期間で、丸岡城だけでなく、世界中で様々なイベントや啓発運動が行われているようです。

緑色に染まったお城に、子供たちも「綺麗だね~」と喜んでいました。

写真は18時頃ですが、19時頃には夜も深まり、より緑が協調されて幻想的な雰囲気になっていましたよ✨

ライトアップは3月16日までだそうです。
緑色の丸岡城が見たい方はお早めにどうぞ♪

閲覧数21 カテゴリ日記 コメント0 投稿日時2019/03/15 15:52
公開範囲外部公開
2018年12月20日(木) 
12月20日、平章小学校のみなさんによる、
丸岡城の拭き掃除が行われました!

丸岡城の1階から3階まで、
床や柱をゴシゴシ磨いて
ピカピカにしてくださいました✨

冬の寒さもなんのその!で
元気いっぱい清掃している姿を見ると、
こちらも元気になってきますね

平章小学校のみなさん、
ありがとうございました!

閲覧数129 カテゴリ日記 コメント0 投稿日時2018/12/20 15:09
公開範囲外部公開
2018年11月19日(月) 
11月14日は世界糖尿病デー

糖尿病の脅威啓発のため全国各地でブルーライトアップが実施されています。

坂井市では丸岡城がブルーライトアップされ、とても幻想的な雰囲気に!

夜空に映えるブルーの丸岡城とお月様・・・
いつもと違う雰囲気に思わず見とれてしまいました。

※ブルーライトアップは11月20日までです。

閲覧数988 カテゴリ日記 コメント2 投稿日時2018/11/19 17:08
公開範囲外部公開
2018年11月14日(水) 
現在丸岡城で発掘調査を鋭意実施中。

調査の目的は丸岡城に関連する建物跡の確認などです。




昨年度までの調査では、天守のふもと、通称お天守前広場と呼ばれている場所で調査を行ったところ、建物跡と思われる柱の跡や、水路のような石積遺構が確認されています。




今年は天守台の北と南、天守前の広場に細長いトレンチを設定して調査。
天守台南側では震災前まで存在した小さな石垣の痕跡を検出していますw(°o°)w!!

福井地震のあった昭和23年以前の写真では確認できますが、復旧工事で撤去されていました。

江戸時代初期の絵図には描かれていないことから

閲覧数857 カテゴリ日記 コメント2 投稿日時2018/11/14 18:54
公開範囲外部公開
2018年07月12日(木) 
今回の調査は狭い床下。
複数回にわたって福井工業大学の吉田先生、多米先生と学生さんたちが蜘蛛の巣やホコリまみれになりながら調査してくれました( `ー´)ノ

柱には「番付」という記号がつけられていて、柱を建てる場所を示しています。
丸岡城天守では北から南に「いろは」、西から東に「一、二、三」と番付が付けられています。
例えば北西角の柱は「い一」、南東角の柱は「と八」という具合です。

調べてみると、番付がある柱や無い柱、番付と場所が合致していないものなど様々。

また、床板の一部には震災後の復旧工事に携わった技術者の書付も。

まだまだ新

閲覧数4971 カテゴリ日記 コメント3 投稿日時2018/07/12 19:00
公開範囲外部公開
2018年07月05日(木) 

丸岡城天守の大きな特徴といえば笏谷石でつくられた瓦。

福井県から離れた場所で同じく笏谷石でつくられた瓦が使用されている建物があります。

その建物がこちら、和歌山県高野町、高野山の奥之院にあります松平秀康及び同母霊屋。

建てられたのは江戸時代の初めで、丸岡城天守の創建時期に近い時期です。

松平秀康と言えば徳川家康の息子で福井藩主。

こちらは普段は入ることもできませんが、今回特別な許可を頂いてこの貴重な建物の調査をさせていただきました。

松平秀康霊屋は丸岡城と違って柱や壁まで笏谷石。屋根の上までの高さは約4mと、使われている

閲覧数1115 カテゴリ日記 コメント13 投稿日時2018/07/05 17:07
公開範囲外部公開
2018年04月02日(月) 
暑い日が続きますね。
連日の暑さのせいか、丸岡城の桜は五分咲きからいっきに満開に近づきました。
丸岡城の南側はほぼ満開です!
白やピンクの桜があちらこちらに咲いていて、とても綺麗でしたよ(*´ω`)

閲覧数3777 カテゴリ日記 コメント3 投稿日時2018/04/02 17:11
公開範囲外部公開
2018年03月29日(木) 
 天守の土台である「天守台」。自然石を使った野面積みで積まれていますが、この石はいったいどこから運んだものなのか、実はわかっていません。
 そこで今回、専門家の先生をお呼びしてどのような石材が使われているのか、調査を行いました。

 調査の前に準備作業。
 天守台の図面が作られていないので、記録をメモする図面か写真が必要です。
 現在天守台石垣の図面は作られていませんし、石垣の面全体が写った写真を撮影することは、周囲の木や、遮蔽物が多いので実際には不可能なのです。
 そこで昨年新たに導入したソフトを使って実験的に3Dデータ作成を試み

閲覧数1269 カテゴリ日記 コメント1 投稿日時2018/03/29 11:01
公開範囲外部公開
2018年03月29日(木) 
平成29年度の調査成果を広く市民にお知らせするため、マスコミ関係者に情報提供し、先日3月23日に吉田純一会長にお越しいただいて取材・質問対応をしました。

今年度の報告内容は大きく分けて建築調査の成果と構造調査の成果の二つ。
建築調査の成果では、天守に使われている柱の60%以上が古い柱を使っていることや、他の天守や隅櫓と比較検討の結果として、丸岡城天守には隅櫓の特徴がみられることがわかってきました。
構造調査の成果では、1階中央の太い柱が構造的に重要な役割を果たしていること、外観と構造の一体性に欠けること、丸岡城天守の掘立柱の

閲覧数1353 カテゴリ日記 コメント8 投稿日時2018/03/29 10:44
公開範囲外部公開
2018年03月28日(水) 
以前天守に使っている鬼瓦の3D計測について紹介しましたが、丸岡城の鬼瓦と他の事例を比べる類例調査を行っています。

先日は越前市にある大滝神社と、福井市郷土歴史博物館の調査に伺いました。

とてもユニークな顔立ちや表情は大変興味深いものがありました。

県内外にはまだまだ石で出来た鬼瓦があります。調査報告はまだ先になりますが、皆様楽しみにして下さいね!

閲覧数1909 カテゴリ日記 コメント3 投稿日時2018/03/28 10:52
公開範囲外部公開
[ 1 2 3 4 5 6 ]
■プロフィール
坂井市文化課さん
[一言]
よろしくお願いします。
■この日はどんな日
書き込みはありませんでした。
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み