2018年07月31日(火) 

病気などで髪の毛を伸ばせない子が使う医療用ウィッグに

自分の髪の毛を使う「ヘアドネーション」。

うちの次女がロン毛をバッサリ切るに当たり

ヘアドネーションに協力したいということで

行きつけの坂井市坂井町の美容室「サンテ美容室」で

バッサリ切ってきました!

 

 

サンテ美容室さんは

子どもの遊び場が用意してあって

子連れのヘアカットがしやすく

私たち親子もこの4、5年ほど通っています。

ヘアドネーションできるかを聞いたら

快く引き受けてくれました。

 

 

 

ヘアドネーションは通常の断髪と違い

切るときは束にして切るんです。

うちの子もまずは髪の毛を束ねるところからスタート。

 

 

私も断髪に参加しました(笑)

 

 

30センチ以上バッサリ切った次女。

もともと髪の毛を切りたかったそうで

どうせ切るなら自分の髪を役立てたいと

福井新聞のこどもタイムズに載っていた体験談に触発されて

ヘアドネーション参加を決めました。

 

 

知り合いの中には

このために髪の毛を伸ばしているお子さんもいます。

この取り組みが少しずつ広がってくれればと願います。


閲覧数553 カテゴリむすめ コメント4 投稿日時2018/07/31 14:04
公開範囲外部公開
コメント(4)
時系列表示返信表示日付順
  • 2018/08/01 08:23
    ローズさん
    素晴らしい!!

    30センチ以上のこんなに綺麗な髪の毛。
    きっと誰かの素敵なウィッグに変身することでしょう。

    へアドネイションをしたいという心意気に感服しました。
    それを実行してあげるお母様も素晴らしい。
    次項有
  • 2018/08/01 12:41
    > ローズさん
    ありがとうございます。
    子どもの髪の毛はキレイなので
    私が参加するよりはるかにいいウィッグになると思います。

    今回、きっかけは確かに福井新聞の記事だったんですが
    私が特段強く勧めたことはなく
    次女が自分で記事を見つけて触発されていました。
    また、長女のクラスメートが参加していたという話をしていたのにも
    影響を受けていたようです。

    次女が言葉足らずにウィッグにしたいと言い出したときは
    最初何のことか分からず、
    かつら???は???と言い返したぐらいでした(笑)
    でもその決断は尊重しようと思い
    あれこれ調べて問い合わせ、実現に至りました。
    次項有
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
■プロフィール
はぴカム3代目さん
[一言]
ほっこり、はんなり。
■この日はどんな日
ほかの[ 07月31日 ]のブログは、
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み