■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
http://sakaisns.jp/blog/blog.php?key=42348
2018年05月23日(水) 
こんばんわ。
国内では煮えきれないニュースばかりですが、ここではその話題以外を。


私の身内は近隣の障害者施設に通所をしていますが、その利用をするために、12年前から始まった制度の障害福祉サービスの手続きをしなければならないです。
その手続きで3年に一度、更新をしなくてはならず、今年はその該当する年。
実は別件で市町村の担当部署へ出向きましたが、


今回は少し余裕をもって前倒しで更新をしますか


という話が。
9月末でそのサービス利用の期限を迎えますが、あわててぎりぎり進めるよりは、先に進める方向でやることに。

若干、わかりにくいですが、介護保険の利用手続きと重なる部分がありますので、それをイメージをしていただければと思います。

更新の手続きで、書類よりは聞き取り調査が重要です。
今現在、身内が利用している施設側に、前倒しで進める旨をすぐに伝え、あらためて、聞き取り調査の日程を決めることになります。
つまり、自宅よりも滞在時間が長い施設に、調査員をお迎えすることで正確な調査のお願いができます。


この障害福祉サービス以外に、


障害者手帳の更新
障害者特別手当の現況届
自動車税免除に関わる確認調査
自立支援医療の利用手続き
重度障害者医療費助成の手続き

があります。
障害者手帳と医療費助成は別として、それ以外は毎年、必ず手続きをしなくてはならないです。
種類によってはマイナンバー、預貯金などの個人情報に関わる添付するものもあります。

制度に基づいた利用者であれば、これらの役所の手続きはしなくてはなりません。しかし、本人だけでは困難で、当然、家族の手助けは不可欠です。
でも、身内が福祉のお世話になる立場ではありますが、逆に役所に出向く機会を与えていることにもなります。
容易ではありませんが、おかげで役所との距離感はさほど感じません。

知らないことをなんらかのきっかけで教えてくれた、というのは、ある意味、財産です。感謝をしなくては。

閲覧数70 カテゴリ日記 コメント0 投稿日時2018/05/23 01:29
公開範囲外部公開
コメント(0)
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
■プロフィール
南房総のかずちゃんさん
[一言]
鉄道・福祉を中心に探求心と現場主義で。平成元年・国内旅行業務取扱主…
■この日はどんな日
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み