■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
http://sakaisns.jp/blog/blog.php?key=42339
2018年05月21日(月) 
最初に。
昨日、仙台駅の在来線列車の車両トラブル。
車両の屋根の変圧器に何らかの異常があったようです。
経過をみます。



昨日の地元の房日新聞の投稿で、先日、館山市内のタクシー会社1社が撤退したのを受け、心配・危機感を主とする掲載が。



時事通信のニュースより
一昨年度まで5年間、第4種踏切で事故があった踏み切り79箇所。うち59箇所では対策が講じられていないことが明らかに。
廃止もしくは1種踏切への改善を国が促してはいますが、鉄道会社、自治体双方で費用負担や維持管理の部分で、思うように進めることができないことも。
この数字の中には、一昨年に事故がありました内房線の仲原踏切が含まれていると思います。
事故以降、近隣踏切との統廃合を地元自治体と協議を求めてはいるようですが、動きはないです。



昨日の東京新聞
鉄道駅でのエスカレーターに関わる視覚障害者の方への案内誘導のための点字ブロック整備について、関東地方の鉄道各社は消極的です。
あくまでも、ある視覚障害の方の話として、エスカレーターへの案内誘導はあったほうがいいという声があるようです。

私の視点から申し上げて。
弱視の方は、何か明るい色の表示などがあれば、整備してもいいのかなと、思います。
全く視界が音だけ、介助の方の付き添いがあった場合、今現在の設備やいわゆるエスカレーターで右側をあけるなどの光景のままで問題がないのかどうか。
つまり、使うことに支障があるような部分を解消ができれば、妨げるようなことはしてはならないと思います。



鴨川市議選については、
http://sns.cityopera.jp/blog/blog.php?key=68561

こちらで。

閲覧数65 カテゴリ日記 コメント0 投稿日時2018/05/21 00:42
公開範囲外部公開
コメント(0)
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
■プロフィール
南房総のかずちゃんさん
[一言]
鉄道・福祉を中心に探求心と現場主義で。平成元年・国内旅行業務取扱主…
■この日はどんな日
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み