■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
http://sakaisns.jp/blog/blog.php?key=41959
2018年02月01日(木) 

1月30日(火曜日)、荒島岳の登山口がある勝原スキー場跡地を滑ってきました。

パウダースキーが大好きな私にとって、旧勝原スキー場がマイゲレンデです。

 

駐車場につくと貸し切り☆

 

スキーをはいても膝下までごぼる深雪に難儀しながらもくもくと登ります。

 

1時間かけてゲレンデトップに到着。

 

スキー板でベンチをこさえて遅めの朝ごはん。

 

ベリベリッとシール(スキーで山に登るためのもの。前には進むけれど後ろには下がらない便利グッズ)をはがしてお待ちかねの滑走タイム。

 

滑っては登り登っては滑り、雪質の良い中間部~ゲレンデトップを3本おかわり。

 

(営業している)ゲレンデでは味わえないフッカフカのパウダーを愉しみました。

 

誰もいない山で一人でスキーをすることはリスキーだけれど、やっぱり私はパウダースキーが好きだ。 

危険なことをしていることを十分に理解して、これからも安全第一で愉しみたいと思います。

 

家に帰ってからは息子と雁が原でナイター☆スキー。

 

リフトってすてき。

 

この日は朝っぱらからリフトが止まる22時まで滑りっぱなし。

 

久しぶりに息子とたくさん話もできたし大満足の一日でした。


閲覧数398 カテゴリ俺のワンダホー2018 コメント4 投稿日時2018/02/01 23:16
公開範囲外部公開
コメント(4)
時系列表示返信表示日付順
  • 2018/02/02 08:54
    ローズさん
    雪山をこれだけ堪能できるなんて!!
    最近コースを外れて遭難するケースが多いけれど
    marioさんのように豊富な知識と経験があれば心配ないですね。

    後ろには下がらないシール!こんな優れものがあるんですねえ。
    ビックリ。
    次項有
  • 2018/02/02 22:52
    鉛筆marioさん
    > ローズさん
    つい先日ジャムでも遭難がありましたね。
    気軽にリフトであがってゲレンデコース外を滑ると迷うことが多いみたいです。
    僕は自分の足で登ると同時に、ライン取りと斜面のチェックもするようにしています。
    バックカントリーって本当に危険がいっぱいだから安全には十分気を付けています。

    シールって、昔はアザラシの革だったそうです。
    貼り付けるシールの意味かと思っていたら、seal(=アザラシ)が語源だとずっと後で知りました。
    ビックリ。
    次項有
  • 2018/02/04 09:19
    ローズさん
    ええ!!
    シールってsealだったんですか?
    初めて知りました。
    いやあ、わいわeって勉強になりますねえ。
    次項有
  • 2018/02/04 21:26
    鉛筆marioさん
    > ローズさん
    そうなんです!
    僕もいっぱい勉強させていただいてます!
    次項有
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
■プロフィール
marioさん
[一言]
地域のこと、いろいろ教えて下さい。
■この日はどんな日
書き込みはありませんでした。
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み