2018年01月30日(火) 

お江戸で蔦屋書店に寄りました。

蔦屋書店ってお店にカフェがあって

買おうと思っている本が読めたり、

陳列が図書館のようだったり、

ソファがあったりで。

 

 

私は一年半前のお江戸旅行でここをすごく気に入ってしまい

今回も強引に時間を作って出かけました。

 

 

仕事でレイアウトに携わっているので

その参考になる本を探していたんです。

私たち新聞記者は

デザインについて専門知識があるわけではないのに

その能力も問われてしまう部署にいるので

少しだけでも参考になればなと。

 

 

なのに、

直前にまちづくりの猛者でもある親分と話をしていたせいもあって・・・・・(苦笑)

 

 

 

なぜだかこんな本を買ってしまっていた私。

 

 

 

あああ、二次元のデザインについて考えたかったのになあ(笑)

違う方向性のデザインについて考えてしまいましたよ私は。

 

 

 

いやね、でもね。

 

 

 

この副題見てください。

コミュニティが元気になる30のアイデアですって。

この帯も気になったんです。

「人がつながると、

新しい夢が生まれる」

 

 

ええ言葉や(笑)

こんなタイトルに惹かれてしまう私って(苦笑)

 

 

 

人口減少とか過疎とか

地域の抱える問題を

市民のちょっとしたアイデアで活気を取り戻そうとしてるという

各地の事例が豊富に載っていて、

それらを題材に地域をデザインする方法が載ってます。

 

 

 

これからわいわeに沸き起こるであろう

様々な活性化のアイデアをどうデザインしていくか

どう世間にアピールし見せていくかについても

ヒントがあるかなあ?

 

 

 

 

 

 

お坊さんのかかしやローズさんのバラ園もそうですが、

目に見えるデザインの力って

分かりやすいかたちでの共感を呼ぶきっかけになるのかなと。

建築とかのかたちをつくるのがデザインとは限らず、

みんなの「納得解」を表現し、訴える力がデザイン力。

 

 

 

幸いここには

デザインに長けた方々が大勢いらっしゃいますから

そこをどう活かすかを考えても良いかもしれないです。

 

 

 

なんてことを思いながら、

今からきっちり読んでみます。

 

 


閲覧数290 カテゴリがんばれ私!! コメント2 投稿日時2018/01/30 14:55
公開範囲外部公開
コメント(2)
時系列表示返信表示日付順
  • 2018/01/31 08:40
    ローズさん
    面白そうな本!!
    どんなアイディアが掲載されているんでしょう。

    かかしさんはほのぼのとして本当に坂井平野に似合っています。
    マラソン大会でも応援の人が少ない場所に
    ランナーに似せたかかしを立てて応援したりするんですよ。
    そのかかしを見たランナーの狂喜乱舞ぶりったら!

    恋人に捧げるバラ園は
    恋人に捧げたくなるような綺麗なバラを咲かせたいと
    つけた名前です。
    恋人が愛をささやくようなロマンティックな場でもあってほしい。
    恋人が恋を育むようなあたたかな場でもあってほしい。
    それには、やはりデザインなんですよねえ。
    バラの畑ではなくて、物語があるバラ園。
    貧弱なデザイン力総出で作っています。
    次項有
  • 2018/01/31 11:55
    > ローズさん
    半分読みました。
    八戸市の「八戸のウワサ」というプロジェクトが面白かったです!
    八戸のいいウワサをかき集めて
    シャッター街の玄関などに
    ふきだしにして張っていくというもので
    インスタ映えしそうな空間ができあがっていました。
    わいわeでもできそうな感じでした。

    わいわeになにがしかを投稿してもらって、
    その優秀作品をキャッチーに貼っていくというアイデアは
    新規会員獲得には生かせそうだなと思いました。
    #わいわe とか付けてもらってTwitterインスタ投稿してもらって。
    笑顔写真とかでもいいですね。
    次項有
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
■プロフィール
はぴカム3代目さん
[一言]
ほっこり、はんなり。
■この日はどんな日
ほかの[ 01月30日 ]のブログは、
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み