2017年03月04日(土) 
一つ前の掲載で書いた通り、差し替え後として準備した原稿になります。
行き違いにより掲載が間に合いませんでしたが、原文公開として載せます。


その前に。
問い合わせがありましたので、あらためて、今回あらたに内房線の踏切で非常ボタンが設置になった箇所を。

芹谷、平田、大六、大六天、中田屋、正木、第一千倉街道、農校前、九頭竜様の9踏切



以下、原文公開

先月23日発行の南房総市の広報誌のお知らせ版、房日での記事でご覧の通り、3月末をもって和田浦駅が終日無人化になります。
昨年の夏以来、動向をみてきましたが、大変残念です。

和田浦駅は簡易委託駅といわれ、千葉県内にも複数の簡易委託駅があります。
外房線の鵜原駅、成田線の下総橘駅が、和田浦駅と同じく3月末で終日無人化。鴨川市内の江見、太海、安房天津の各駅と、久留里線の馬来田駅が継続と動きがわかれました。
特に馬来田駅については、10年近く、地元の有志の馬来田ボランティアで、駅を守っています。
可能であれば、馬来田駅、あるいは神奈川県の御殿場線の山北駅のように、和田浦駅でも地域おいて模索されますことを。
必要があれば、私も可能な限りのお手伝いの用意はあります。
来年元日には、豪華貸し切り列車の四季島が、年末年始のツアーコースで、初日の出をみるために和田浦駅に停車が決まっています。
地域として暖かくお出迎えができる雰囲気が必要に思います。


あらためて、ダイヤ改正に関わる問題点を簡単に。

4分または5分違いで、接続乗り換えができないケースが、館山駅と君津駅であわせて3ケースあります。

館山駅での千葉方面と安房鴨川方面の列車の接続待ち時間が、40分程度待たされる時間帯が増えます。

館山駅基準で上りが14時30分から16時10分、下りが15時30分から17時のあいだ、1時間30分、木更津方面からの各駅停車が1本もない時間帯があり、その時間帯は木更津から上総湊の折り返しの各駅停車のみ運行。

こういった問題点をかかえてのダイヤ改正は、果たして、利用しやすい列車ダイヤとはいえるのだろうか。

閲覧数34 カテゴリ日記 コメント0 投稿日時2017/03/04 01:25
公開範囲外部公開
コメント(0)
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
■プロフィール
南房総のかずちゃんさん
[一言]
鉄道・福祉を中心に探求心と現場主義で。平成元年・国内旅行業務取扱主…
■この日はどんな日
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み