2017年01月19日(木) 

私が以前取材担当していた小売業は、

前年実績を超えることがすべてみたいな雰囲気がありました。

 

でも、その指標ってどうなんだろうっていつも思っていました。


去年はこうだった、でも今年はこうだよね。が本来あるべき思考じゃないかな。

まったく同じ条件で1年間過ぎているわけではないしね。

それよりも先を読む方が大事です。

 

それは日々の仕事でも言えること。

決まりものの仕事だったら、去年と同じでいいや、とか。

前年の資料と同じでいいや、とか。

あかんやろ、それ。
組織の中にいる以上、前年踏襲から逃れられることはないと思うけど、
今年は、今は、を考え戦略を練る方がずっと大事だと思う。

 

てか少なくとも、去年のを参考にするなら、

去年より今年はもっとよくしていかないと!!と、思うよ。

じゃないと自分も組織も成長しないよ。

 

私が大学時代にとある先輩からいただいた言葉。

「(サークル内の)伝統なんて気にすることはありません。

新しく変えていこうと努力すること、

そのこと自体が伝統になっていけばいいんじゃないでしょうか」


閲覧数298 カテゴリつれづれ日記 コメント2 投稿日時2017/01/19 11:43
公開範囲外部公開
コメント(2)
時系列表示返信表示日付順
  • 2017/01/19 19:11
    seRowさん
    普遍的であったり、真理を見つめ続けたものが伝統であるならば、
    前年踏襲というのは、思考停止の怠惰かもしれませんね。

    自分たちが守り続けなければならないものをよくよく整理しないと、
    守旧主義に陥って、時代に取り残されそうです。
    次項有
  • 2017/01/21 15:17
    > seRowさん
    伝統のすべてを否定しているわけではもちろんないんですが、
    ただ、盲目的に前年踏襲するのは違うだろうと。
    売り上げが下がっても、利益あげないと意味がないわけで、
    販促キャンペーンでポイントうん倍セール乱発して売り上げあげてもせんないことで。
    あるいは、イベントごとにしても、
    去年と同じでいいや、的になっていくと、
    結果、モチベーションはどんどん下がっていくんですよね。

    そんなんで、この時代、生き残っていけるのかと問いたかった次第です。
    競争が少ない福井はなんだかんだゆーても生ぬるいですから(苦笑)
    次項有
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
    ※画像に表示されている文字を入力してください。
■プロフィール
はぴカム3代目さん
[一言]
ほっこり、はんなり。
■この日はどんな日
書き込みはありませんでした。
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み