■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
http://sakaisns.jp/blog/blog.php?key=36876
2015年06月27日(土) 
続いては、東京北区議会の6月定例の一般質問の傍聴。

25日の14時にいきました。

やはり、地方議会は場所によって、若干のやり方に違いがあります。

議員は最初、演壇で質問し、執行部の答弁を受け、再質問して答弁のだいたいは共通していますが。
北区議会は演壇での質問のあとの答弁が異なります。
総括的な答弁は区長、個別施策ごとの答弁は担当部長が。さらに詳細な答弁内容は、所管の委員会審議で説明という、答弁の段取りのようです。
再質問後の答弁で、担当部局長が自席より答弁するパターンはよく見かけますが、それは北区議会でもありました。


さて。2箇所のおまけの寄り道をしながらも、14時に議場傍聴席に到着。すでに10人以上は着席。斉藤議員の3人前の議員さんからの質問より傍聴しましたが、斉藤議員の質問開始時間が近づくにつれ、傍聴席がうまってきまして、質問開始時点で70席の傍聴席は埋まりました。傍聴席の大半が聴覚障害の皆様方。当事者が地方議会の表舞台にたつのが、いかに影響があるのが伝わります。

北区議会の傍聴席が満席になるのは、40年前の東北新幹線建設工事計画に関わる問題以来だそうです。

執行部の区長はじめ、議員も、傍聴席がだんだんうまっていくのつれ、表情が変わっていました。びっくりという感じで。


斉藤りえ議員の質問

障害のある方への情報保障と区への連絡手段について

障害のあるお子さんの教育

子育て支援について


以上の3本について、執行部に問いました。
これは斉藤議員がおかれている立場の視点と、当事者の方からの代表的な声が集約されています。

区施設への時間外への連絡方法で、FAXを使った手段の導入の提案については、来年4月施行の障害者差別解消法の時期に合わせ検討する。

児童相談所の区への移管については、その準備段階として区職員を派遣し、移管がスムーズにできるよう進める。


斉藤議員の話の中で、学童保育の預かり時間で、公設が18時まで、民間が19時までということが出され、区内にある学童保育を民間にという提案も。


私がみていまして、いくつか再質問のやりとりがありましたが、答弁に対して、すばやく、自分の発言を機械に入力し音声で伝えたのには、すごいと思いました。

22日の兵庫県明石市議会のやねたに議員、25日の北区議会の斉藤議員ともに、それぞれの伝える手段でもって、質問やりとりが現実できることを実証されたと思います。
でも、なりより議会の議員の方々、事務方の理解と協力がなくては、という部分も忘れてはなりません。

北区議会の正副議長はいずれも女性議員。斉藤議員の救いだったと思います。

当事者の視点から、問題点を取り上げ、改善をしていく。あらためて、地方議会に必要なことであることが、示されたように感じます。


なお、詳細につきましては後日公開の議事録と、斉藤りえオフィシャルサイト、東京都議のおときた駿議員のサイトで、報告の掲載がありますので、ご覧ください。

残念ながら、マスコミ取材は制限のままの、今回の北区議会の傍聴でしたが、是非とも取材を受け入れ、議会活動がより透明性がはかられるようになってほしいです。


余談
王子駅が北から南に向かって左にカーブをしたホーム。京浜東北線のお客さんの実数を思えば、安全対策は大丈夫だろうか。立ち番の駅員はいませんでした。

閲覧数418 カテゴリ日記 コメント0 投稿日時2015/06/27 01:40
公開範囲外部公開
コメント(0)
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
■プロフィール
南房総のかずちゃんさん
[一言]
鉄道・福祉を中心に探求心と現場主義で。平成元年・国内旅行業務取扱主…
■この日はどんな日
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み