■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
http://sakaisns.jp/blog/blog.php?key=35657
2015年01月12日(月) 

雪の無い山には必要最小限の装備で登るのですが、厳冬期の山で単独スキーをしようと思うとかなりの装備が必要です。

 

スコップ・アイゼン・ビーコン・ツェルト・エマージェンシーブランケット・ヘッデン・・・、

地図にコンパスにファーストエイドキット、工具やらワックスやら予備電池。

そして防寒着に替えのゴーグル・グローブにシニアグラスなどなど・・・。

 

一人で雪山にも登るしスキーもするけど、厳冬期の単独山スキーは全く別のカテゴリー。

流用できそうなものは工夫して、シール・アイゼン・ビーコン・ツェルト・スコップなど山スキーに必要な物は新調しました。

 

後はガーミンが欲しいけど、これだけでもかなりの出費。

GPSは諦めて、視界が悪い冬山でも余裕で対応できる読図スキルを高める努力をしています。

 

本格的に山スキーを始めるにあたりGPSを購入するかけっこう悩んでいたけれど、結局その分でビーコン、ツェルト、スコップを調達しました。

 

プローブ(雪崩の埋没者を突っついて探す棒)も必要なのですが、僕が登る山はいつも貸し切り状態なので今のところ必要なし。

 

ビーコンも雪に埋まった人の電波を受信して探しだす道具だから単独行には必要ないと思っていたのですが、自分が雪崩に巻き込まれた場合、捜索隊の皆さまに冷たくなった身体を早く見つけてもらうことができます。

すぐに助けてくれる人がいない僕の場合、ビーコンは自分が死んだ後に家族・関係者の迷惑を少しでも抑えるためだけの道具。

役に立ってほしくないな。

 

雪山装備の中には、必要だけど決して使いたくないというあべこべな道具が存在します。 

あと、そろそろ山岳保険にもはいらなきゃ。

もちろん、お小遣いで。

 

山スキーでGPSが必要なシチュエーションは現在地の把握、吹雪の中でのルートファインディング。

確かに重要な道具だけど、果たしてホワイトアウトした斜面でGPSを駆使して行動できるのか。

実際に地吹雪系のホワイトアウトを体験した時は自分の足元すら見えず、ゴーゴーと風の音でトランシーバーの声も聞きとれませんでした。

 

おまけに今の僕は老眼。

老眼鏡のレンズについた雪が凍りつくような状況で、小さなディスプレイの細かい等高線を読みながら的確に安全な行動をする自信は全くなし。

 

きっと自分に出来ることは、天候が回復するまで気力と体力を蓄えながらじっと待つことしかないはず。

雪洞を掘り着られる物は全て着込んでビバークする為に、小さめのツェルトとスコップを買い足しました。

 

自分で自分がやらかしそうな危機的状況を想像すると、吹雪やルートミスによる遭難よりも事故でケガをする確率の方が高いような気がします。

骨が1本折れたくらいなら空身で下山する自信はあるけれど、滑落して複数の骨を折ったり、スキーで派手に転んで歩けないほど神経や靭帯を痛めたり。

 

もちろんそんな事態にならないよう最大限の注意と危険回避はするけど、そうはいかないのが危険な雪山、偉大なお山。

 

動けなくなった人間にGPSは役に立たないから、まずは歩けないケガをしても極寒の山中で一日くらいは生きていられるビバーク技術を身につけたいと思います。

 

明日はお休み。

取立山の林道でシール登行の練習をしたりビバークの練習をしようと思っています。

道具があっても使えなきゃ意味がないし、使ってみれば本来の役割がより理解できるはず。

 

夜は子供たちとナイターに行く約束だし、まずは『夕方までに安全に家に帰ること』を目標に山スキーを始めようと思います。

 

新年早々長文となってしまいましたが(苦笑)、皆さま今年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

登って滑る料理人:marioでした。

 

ジャムトップから法恩寺山山頂に登るレン。

 

雪煙りをあげる経ヶ岳をバックに、レンと私。


閲覧数1,346 カテゴリ俺のワンダホー2015 コメント12 投稿日時2015/01/12 22:29
公開範囲外部公開
コメント(12)
時系列表示返信表示日付順
これより以前のコメントを見る
  • 2015/01/14 21:49
    鉛筆marioさん
    > カンキチさん
    ありがとうございます!
    安全第一、常に心がけようと思います!
    次項有
  • 2015/01/14 18:14
    seRowさん
    GPSでも視界不良の悪天では役に立たないので、
    生還できる装備を先にそろえるのが正解だと思います。
    正直、猛吹雪に襲われたら、数万円のGPSでさまようより、
    数千円のスコップで雪洞を掘って一晩しのぐ方が賢明でしょうね。
    今度機会があったら、ビバークの練習付き合わせて下さい。
    天気のいい時にね☆
    次項有
  • 2015/01/14 21:50
    鉛筆marioさん
    > seRowさん
    21日(水曜日)休んでください!
    越前甲で一緒に雪洞掘りましょう!

    あ、車だしてね☆
    次項有
  • 2015/01/16 14:26
    seRowさん
    > marioさん
    あかん、仕事ですわ!
    2月にでもやりたいですね!
    次項有
  • 2015/01/25 23:25
    鉛筆marioさん
    > seRowさん
    火曜日、休みが取れたら教えてください☆
    次項有
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
■プロフィール
marioさん
[一言]
地域のこと、いろいろ教えて下さい。
■この日はどんな日
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み