■2018年7月の書き込み
書き込み数は2件です。
2018年07月12日(木) 
今回の調査は狭い床下。
複数回にわたって福井工業大学の吉田先生、多米先生と学生さんたちが蜘蛛の巣やホコリまみれになりながら調査してくれました( `ー´)ノ

柱には「番付」という記号がつけられていて、柱を建てる場所を示しています。
丸岡城天守では北から南に「いろは」、西から東に「一、二、三」と番付が付けられています。
例えば北西角の柱は「い一」、南東角の柱は「と八」という具合です。

調べてみると、番付がある柱や無い柱、番付と場所が合致していないものなど様々。

また、床板の一部には震災後の復旧工事に携わった技術者の書付も。

まだまだ新

閲覧数191 カテゴリ日記 コメント2 投稿日時2018/07/12 19:00
公開範囲外部公開
2018年07月05日(木) 

丸岡城天守の大きな特徴といえば笏谷石でつくられた瓦。

福井県から離れた場所で同じく笏谷石でつくられた瓦が使用されている建物があります。

その建物がこちら、和歌山県高野町、高野山の奥之院にあります松平秀康及び同母霊屋。

建てられたのは江戸時代の初めで、丸岡城天守の創建時期に近い時期です。

松平秀康と言えば徳川家康の息子で福井藩主。

こちらは普段は入ることもできませんが、今回特別な許可を頂いてこの貴重な建物の調査をさせていただきました。

松平秀康霊屋は丸岡城と違って柱や壁まで笏谷石。屋根の上までの高さは約4mと、使われている

閲覧数105 カテゴリ日記 コメント7 投稿日時2018/07/05 17:07
公開範囲外部公開
■プロフィール
坂井市文化課さん
[一言]
よろしくお願いします。
■この日はどんな日
書き込みはありませんでした。
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み