■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
http://sakaisns.jp/blog/?key=16815&year=2012&month=11
■2012年11月の書き込み
書き込み数は15件です。 [ 1 2 ]
2012年11月30日(金) 
11/29午後二時よりハートピア春江大ホールにて
坂井法人会様主催「三遊亭円楽講演会」を聴いてきました。

流石に落語家だけあって話は上手い。
「笑いと健康」というタイトルだったのですが
いろいろな視点から笑いと健康について語ってくれました。

昔「暴れん坊将軍」に出演していた時
英語版「暴れん坊将軍」を観てて日本語の良さに気づいたそうな。
「おひかえなすって」→「How are you?」
「てめえ~」→「Hey you」
「おまえさん」→「you」
英語には一つの単語でいろいろなシチュエーションに使うけど
日本語には状況に応じた言い換えがいっぱいある。
言葉を商売にし

閲覧数1088 カテゴリ日記 コメント5 投稿日時2012/11/30 11:52
公開範囲外部公開
2012年11月28日(水) 
昨夜、福井市の神明神社で
第15回天祖天神万両亭 柳家三三落語会聴いてきました。

「権助提灯」
本妻と妾の間で翻弄される旦那を演じながら
舞台の上からお客の反応を見るのがこよなく好きな師匠。

「錦の袈裟」
先日大阪繁昌亭で聴いたものより格段に上手。
カラッとした芸風がいいんですよね。

「文七元結」
江戸人情噺の大ネタ。
熱演でしたね。

外は寒くて震えそうでしたが
三三師の噺はほっこり温かく和やかでした。

閲覧数1040 カテゴリ日記 コメント3 投稿日時2012/11/28 09:57
公開範囲外部公開
2012年11月26日(月) 
25日(日)大阪マラソン完走しました。

朝7時には宿泊先を出てスタート地点の大阪城へ。
荷物預かりに荷物を預けてスタートHブロックへ。
途中朝陽を浴びた大阪城をバックにスタッフに写真を撮ってもらいました。
8時からスタートの9時までずっと待って居なければ行けないので
気温5度の中、このビニール袋(東京マラソンで頂いたもの)と
ホッカイロで暖をとります。

大阪マラソンはチャリティマラソン。
私は「病気に苦しむ子どもと家族を励まそう」
黄色のリストバンドを付けて走ります。

9時、スタート。おっとっと、10分くらいは動けません。
ようや

閲覧数1388 カテゴリ日記 コメント3 投稿日時2012/11/26 11:31
公開範囲外部公開
2012年11月26日(月) 
11月24日(土)午後1時よりハートピア春江小ホールにて
「知る区老童:春江中部ものがたり」上演しました。

これまでの練習の成果を観てもらいたいという子ども達。
頑張りました!
これまでで最高の演技をしてくれました。
台詞を忘れない。声も大きい。ただし台詞がは・速い!
映像とシルフィーコールの合唱・オカリナ演奏・アナウンスの
タイミングもばっちり。
大道具・小道具の出し入れ・めくりのタイミングもOK.
エンディングロールとシルフィーコールの「故郷」が
同時に終わる抜群のタイミングに感激。
ほぼ満席の客席から割れんばかりの拍手を頂いて終幕

閲覧数1058 カテゴリ日記 コメント5 投稿日時2012/11/26 10:57
公開範囲外部公開
2012年11月22日(木) 
今朝のジュード・ディ・オブスキュア。

イギリスの文豪トマス・ハーディの
階級社会など重いテーマを扱った作品にちなんだバラ。
立身出世を夢見る貧しい青年ジュード。
アプリコット色の花が
度重なる不幸によって挫折していく青年への
温かい眼差しを感じさせます。

柑橘系の香りが素敵。
恋人に捧げるバラ園のアーチに絡んで咲きました。

閲覧数970 カテゴリ日記 コメント2 投稿日時2012/11/22 09:59
公開範囲外部公開
2012年11月22日(木) 
今朝のF新聞に
「第二回子ども落語笑学校」受講生募集の
告知記事を掲載していただきました。
ありがとうございます。

現在既に数人の申し込みがあります。
子どもさん本人が自ら落語をやりたいと
言い出すとは思えないから
殆どの場合ご両親が申しこみます。
(勿論本人に確認してからですが)
落語の場合、家での練習が物を言うので
家族の覚悟の程が大切になります。

子どもの落語のお稽古につき合ううちに
親御さんも落語の虜になるという事もあります。
「あら、これなら母親の私の方が上手だわ」なあんて。

12月8日のオリエンテーションでは
中級コース

閲覧数982 カテゴリ日記 コメント3 投稿日時2012/11/22 09:40
公開範囲外部公開
2012年11月21日(水) 
唯川恵の「今夜は心だけ抱いて」

いやあ、参りました。
母と娘が入れ替わってしまう。
そう聴いただけでコメディタッチを想像してしまうんですが
全くその予想は裏切られました。

母(47歳)の体になった娘(17歳)が
55歳の男性に惹かれていく。
娘の体になった母が・・。

年と共に変化していく女性の体と心。
なんと巧みに表現しているのでしょう。

結末も、とても想像出来なかった。
「唯川恵って凄い!」としか言いようがない。

閲覧数1064 カテゴリ日記 コメント11 投稿日時2012/11/21 09:19
公開範囲外部公開
2012年11月20日(火) 
子どものコミュニケーション力を高めるために落語を使おうと
「第二回子ども落語笑学校」を開講します。

現在の子ども達は携帯やゲームに夢中で友達や親と会話する機会も少ないし
その内容も乏しいものになってしまっています。
相手が傷つくかもしれないと想像できずに、心ない言葉をかけてしまう
こともあります。

落語は殆どが会話で成り立っています。
それも大家と店子、長屋の住人達といった下町に住む人々の会話。
そこにはお互いの気持ちを考えながら会話をする優しさがあります。
この落語を使って子ども達の会話力を高めようと思います。

第一回子ども落語

閲覧数973 カテゴリ日記 コメント2 投稿日時2012/11/20 09:59
公開範囲外部公開
2012年11月16日(金) 
昨夜、ハートピア春江小ホールで
「知る区老童:春江中部ものがたり」リハーサルを行いました。

出演する子ども達はしっかり台詞を練習してきてた。偉い。
台詞を覚えると自信を持って大きな声で言えるようになってきた。

映像とシルフィーコールさんのタイミングが難しい。
オカリナの先生が伴奏してくださるという贅沢な生演奏。

昔の女の子がちゅうぶ飛びを披露してくれる場面があります。
皆さん、ちゅうぶ飛びってご存じでしょうか?
私たちが幼い頃、神社やお寺の境内で遊んだものです。
思い切って走って飛んだり
数え歌に合わせて足をちゅうぶに絡ませて遊ん

閲覧数1103 カテゴリ日記 コメント4 投稿日時2012/11/16 09:25
公開範囲外部公開
2012年11月13日(火) 
「春江が輝くための一番の条件は春江の住民が春江を大好きになることです。
 将来の春江が輝く一番の条件は春江の子ども達が春江を大好きになることです。
春江にロッテリアやモスバーガーがあるから子ども達は春江が好きなんでしょうか?都会へ行けばあっちこちにあります。
春江にしかないもの、春江のお年寄りからしか伝えられないもの
それこそが子ども達が春江を大好きになる宝物なのです。
自分達の祖先がどんな風に生活してきたのか、戦災・震災をくぐり抜けてきたのか、どんな遊びをしてたのか、先人の知恵を学ぶ事こそが、子ども達に春江の子としての誇りを持た

閲覧数1461 カテゴリ日記 コメント6 投稿日時2012/11/13 11:47
公開範囲外部公開
[ 1 2 ]
■プロフィール
ローズさん
[一言]
薔薇が好きなのでローズというニックネームにしました。
■この日はどんな日
ほかの[ 04月20日 ]のブログは、
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み